数十年前のイギリスポンドの紙幣が自宅にある

イギリスポンド

数十年前にイギリス旅行したときのイギリスポンドが部屋の奥から出てきました。「まだこのポンド紙幣は使えるのかな?」と考えながら昔行った大英博物館を思い出していました。

 

紙幣の数を計算したらけっこうあるんですね。

 

あのときは「またすぐにイギリスに行こう!」と思ったのでイギリスポンド紙幣をそのままにしておきました。

 

そしてその「またすぐに」は数十年来ませんでした。

 

予想もしていないユーロ通貨はやってきました。

 

このイギリスポンド紙幣はもう日本円に両替しようと思って住んでいる地域で1番大きい銀行に両替に行きました。


イギリスポンドのお札が旧紙幣だと日本の銀行でわかる

銀行に行くと持っていたイギリスポンド紙幣が旧紙幣だということがわかりました。

 

時代は変わっているんですよね。

イギリスポンドの古いお金は日本の銀行で両替できない

銀行では規定によりこの古いお金は両替できないと言われました。

 

銀行なので「そこをなんとか」というのは通用しません。

 

この日は大人しく帰りました。

イングランド銀行でポンドの旧札を両替できるという情報あり

インタネットで検索しているとイングランド銀行でポンドの旧札を両替できるという情報がありました。

 

インタネット旅行記の記事だったので確実ではありませんが可能性はあります。

 

しかしイギリス旅行はしばらく行く予定がありません。まわりの人にもイギリスに行く予定の人はいません。このイギリスポンド旧紙幣を託す人もいないんです。

イギリスポンドの旧紙幣の買取をネットで検索

さらにインタネットで検索していくと買取という方法があるのがわかりました。

 

日本で海外紙幣を買取ってくれるところがあるんです。そういえば金券ショップやチケットショップに古銭買取と書いてあるところがあります。

 

インタネットで見つけた旧紙幣買取はCMもやっている会社でした。CMを見たことがあります。

イギリスポンド旧紙幣を買取してくれるところを発見

海外旧紙幣だけでなく海外コインも取扱っていることがホームページに書いてありました。

 

銀行にコインは持っていかなかったけどコインも押入れの奥に実はありました。

買取の前にまずは電話でイギリスポンド旧紙幣について話す

買取の前にまずは電話です。ネット申込みもあったんですがどう伝えればいいのかわからなかったので電話しました。

 

電話はすごく感じのいい人で対応もよかったです。

 

電話でだいたいのことは伝えたけど「見てみないとわからない」という返答でした。

 

それはそうだよねと思って出張査定を申込みました。

 

申し込むときに何度か無料だということを確認しました。

 

都会に住んでいないので住んでいる地域への出張も無料なのか確認しました。

イギリスポンド旧紙幣を出張無料査定

遠くまで出張して申し訳ないなと感じると思ったので事前に査定額を聞いて断ることができるのかということも確認しておきました。

 

出張は有難いけど情に流されてはいけません。

 

査定中は会話もスムーズで的確かつユーモアもあり楽しかったです。

 

やはり見てみないといろいろわからないそうです。

 

本当にそれはそうだなと査定してもらいながら思いました。

 

手元に海外の古いお金がある人は無料出張査定してもらった会社のサイトをまず見てみてください。